パナソニック スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」NE-BS2700

土曜日がやってまいりました。
本日の日経新聞で紹介されたのは最新のオーブンレンジ
ほったらかし家電に進化、だそうです。
4社の製品が紹介されていて、以下

パナソニック スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」NE-BS2700
日立グローバルライフソリューションズ 加熱水蒸気オーブンレンジ 「ヘルシーシェフ」MRO-W10X
シャープ ウォーターオーブン 「ヘルシオ」AX-XA10
東芝ライフスタイル 過熱水蒸気オーブンレンジ 「石窯ドーム」ER-VD7000

機能もすごいが値段もスゴイ、です。
16万、9万、18万、14万となかなかいい値段しています。
機能的には大方がメニューを選んでボタンを押すだけ、のようです。

いいなと思ったのはパナソニックのビストロで「凍ったままグリル」というメニュー。
冷凍庫から出した材料で、そのまま調理できてしまうというチョーほったらかし家電っぷりです。
64眼スピードセンサーなる代物で食品の温度を見極めて、適切な火加減で調理をしてしまうそうです。
凍った食材を使った調理というのは意外と手間がかかるなぁと感じています。
いや、手間というよりも解凍に時間がかかるなぁ、と感じております。
冷蔵庫で解凍するのがイイとは思いますが、時間がかかります。
常温だと解凍後の時間が長いと雑菌の繁殖が心配だし、普通に電子レンジにかけちゃうと、解凍にむらがあり一部過熱しすぎで調理されてしまい、色が変わってしまったりと。
それが解凍せずにそのまま調理できてしまうというのですから、これは時短にもってこい!
他にも、ワンボール調理や「やみつき野菜」コースなど使ってみたい機能がありました(^_^)


この記事へのコメント